新型インフルエンザ・感染予防・陰圧テント等、インフルエンザ対策の総合情報サイト
プロテクト.jpでは、新型インフルエンザのパンデミック(世界流行)時に備えるための最新情報を配信しております。
TOP環境衛生オゾン室内消毒装置 MAC-1000
最新情報の紹介
オゾン室内消毒装置
ライトスティッカー LS-2000
組織生検針の紹介
ガンマプローブ(ガンマファインダー)の紹介
仮設診療所建屋設置及び撤去作業の提供
感染症外来協力医療機関向 HEPAフィルター付空気清浄機 ACE-4000NT
 
 
この度、東京消防庁様より救急車両内消毒の実験協力の御礼として、感謝状をいただきました。
(実験使用装置:オゾン室内消毒装置MAC-1000)

拡大する
医療機器承認番号
22700BZX00338000

オゾン室内消毒装置(MAC-1000)は、オゾン殺菌効果で室内における感染リスクを低減します

病児保育向けカタログ(PDF)はこちら
救急車両向けカタログ(PDF)はこちら

【 オゾン室内消毒装置(MAC-1000) 製品概要 】
 近年、国内においては新型インフルエンザやデング熱、海外では中東呼吸器症候群(MERS)の発生など、感染症に対する衛生管理や予防対策が急務となっています。
 本製品はオゾンガスによる燻蒸(くんじょう)効果で 天井から床まで部屋の隅々を消毒することができます。日々の清掃にオゾン燻蒸を加えることで空気感染(インフルエンザ、結核、SARS等)はもちろん、備品接触による感染リスクを軽減します。
 また、日本で初めて一般名称「オゾンガス消毒器」を取得しました。(薬事承認機器)


【オゾン室内消毒装置(MAC-1000)の特長】
・優れた室内消毒効果
   新開発のオゾンガスランプを採用したことで高性能・高信頼性を実現し、長期安定したオゾンガスを発生します。
・高性能オゾン分解フィルタ
   従来のオゾン分解触媒に比べ飛躍的に高効率でオゾンガスを分解します。
・酵素HEPAフィルタ
   室内の浮遊菌をHEPAフィルタに捕集します。捕集した微生物を酵素により殺菌・不活性化します。
・消毒状況の確認ができる
   オゾンインジケータでオゾン濃度を検証。
・簡単設置、簡単操作
   小型・軽量(わずか16s)のため、一人作業で設置できます。また、スイッチONでオゾン分解まで全自動操作。

【効果検証済み菌類について】
・ P. aeruginosa(緑膿菌)、S. aureus(MSSA)、S. aureus(MRSA)
※ 菌液0.1mlを寒天培地に塗布したシャーレを設置し、オゾンにより燻蒸。 35℃、48時間培養後の生菌数を測定。

【想定使用先】
各種病院、クリニック、歯科医院、調剤薬局、介護・保健施設、老人ホーム、グループホーム、製薬会社、臨床検査会社、研究室、公共交通機関、ホテル、旅館、清掃会社

【オゾン室内消毒装置(MAC-1000)の仕様】

類別 機械器具03 医療用消毒器
一般名称 オゾンガス消毒器
販売名 オゾン室内消毒装置
クラス分類 クラスII
特定保守 非該当
定格電圧 AC100V±10V 50/60Hz
消費電力 約89VA
オゾン発生量 0.3g/h以上
オゾン発生風量 2.0m3/min
オゾン処理風量 2.0m3/min
オゾン分解脱臭方式 オゾン分解フィルタ
集塵方式 静電HEPAフィルタ(0.3㎛ 99.97%捕集率)
外形寸法 370(幅)×192(奥行)×689(高さ)mm
電撃に対する保護の形式 クラスI
電撃に対する保護の程度 装着部なし
質量 約16kg
運転モード @ 容積10〜30m3 総合処理時間 9時間(消毒6時間、分解3時間)
A 容積30〜45m3 総合処理時間 12時間(消毒9時間、分解3時間)
B 容積45〜60m3 総合処理時間 15時間(消毒12時間、分解3時間)
付属品 リモコン、変換プラグ、取扱説明書、添付文書
オプション オゾン漏洩検知器、オゾンインジケータ


 
おすすめ関連商品

患者搬送後の車輌や、隔離用に使用した部屋の除菌、ウイルス不活化にご利用いただけます。
車輌や生活環境の脱臭にも役立ちます。ルーバー式セラミック電極(特許)を使用。長期間安定したオゾン発生が可能です。

低コストで通常の病室を陰圧隔離病室にできる簡易陰圧装置です。 CDC(米国疾病管理予防センター)による結核感染防止ガイドラインに準拠し、紫外線殺菌+HEPAフィルタ+酵素のトリプル効果で室内空気を清浄します。等圧の高性能空気清浄機としても使用可能です。