新型インフルエンザ・感染予防・陰圧テント等、インフルエンザ対策の総合情報サイト
プロテクト.jpでは、新型インフルエンザのパンデミック(世界流行)時に備えるための最新情報を配信しております。
TOP感染対策機材車両除菌用オゾン発生器(EFD-200)
最新情報の紹介
オゾン室内消毒装置
ライトスティッカー LS-2000
組織生検針の紹介
ガンマプローブ(ガンマファインダー)の紹介
仮設診療所建屋設置及び撤去作業の提供
感染症外来協力医療機関向 HEPAフィルタ付空気清浄機 ACE-4000
 
 

車両用オゾン発生器(EFD-200)は、車内のいやな臭い、雑菌をきれいに取り除きます。

【 トピックス 】

 当製品は新型インフルエンザ対策として総務省(消防局)に採用され、 国内主要4空港に配備されています。
 (新東京国際空港、中部国際空港、関西国際空港、福岡国際空港)

 新型インフルエンザは外国で感染し、帰国した者から感染する確率が 高いことから、救急隊員の傷病者からの感染防止と救急自動車を介した 間接的感染防止を目的としています。


【車両除菌用オゾン発生器(EFD-200)の用途】
救急車、福祉車輌での使用
 車内の除菌、傷病者・乗務者の感染リスク低減、脱臭
・レンタカー・タクシーでの使用
 車内の除菌・脱臭

【車両除菌用オゾン発生器(EFD-200)の特長】
・簡単な操作・メンテナンス
 発生時間を選択し、スイッチON/OFFですべて完了。定期的に吸気口・吹出口の埃を取り除くだけ。定期交換部品はなし。
・安価なランニングコスト
 空気中の酸素からオゾンをつくるため、装置作動時の電気代のみです。
・小型・軽量
 持ち運びが容易で、収納場所にも困りません。
 シガーソケットからの電源取り出しができるため、どこでも使用が可能。
 (別売専用アダプターにより100V家庭用電源からも使用可能)
・強力作用
 オゾンの強い酸化力が悪臭・細菌に作用し、人の手が届かない隅々まで脱臭・除菌効果を発揮します。
・安全性
 オゾンは、短時間に自然分解し残留しません。「薬剤」と違い、耐性菌をつくらないので安全です。

【車両除菌用オゾン発生器(EFD-200)の除菌結果】

【 車両除菌用オゾン発生器(EFD-200)の仕様】

型式 EFD-200
定格電圧 DC12V・24V共用
定格電流 3.0A MAX
外形寸法 約160W×240D×185H(mm)
質量 約 5Kg
オゾンくん蒸時間 Aタイプ:10/20/30分(切替式)
Bタイプ:20/40/60分(切替式)
風量 0.3m3/min
オゾン発生量 800mg/h
操作 運転/停止スイッチ、オゾン処理時間設定スイッチ、オゾン発生ランプ、停止ランプ、異常ランプ(ファン、オゾン発生器)
故障検知 ファン、オゾン発生器の異常を検知し、運転を停止、異常ランプを点滅
オプション 専用ACアダプター


【納入実績】
 全国自治体消防、レンタカー企業などに1万台以上


 
おすすめ関連商品

小型・軽量のオゾン室内消毒装置です。
新開発のオゾンガスランプを採用したことで高性能・高信頼性を実現し、長期に安定したオゾンガスを発生します。
室内の浮遊菌をHEPAフィルタに捕集し、捕集した微生物を酵素により殺菌・不活性化します。

低コストで通常の病室を陰圧隔離病室にできる簡易陰圧装置です。 CDC(米国疾病管理予防センター)による結核感染防止ガイドラインに準拠し、紫外線殺菌+HEPAフィルタ+酵素のトリプル効果で室内空気を清浄します。等圧の高性能空気清浄機としても使用可能です。