Home » Archive

Articles Archive for 3月 2011

季節性インフルエンザ »

[29 3月 2011 | コメントは受け付けていません。 | ]

国立感染症研究所は3/25、全国約5000医療機関を対象にした定点調査の結果、3/14~3/20に新たに医療機関を受診したインフルエンザ患者は1医療機関当17.25人(前週16.81人)で、2週連続して増加したと発表した。この1週間に受診した患者数は推計74万人で、先週に続き東日本大震災で被害を受けた岩手県の一部(3保健所)と宮城県、福島県からは報告が無かった。都道府県別では、山口県(48.87)がトップ。以下大分県(41.55)、愛知県(31.55)、岐阜県(30.59)、福岡県(29.81)の順だった。宮城県、福島県を除く45都道府県中31道府県で定点当たり報告数の増加が認められた。

季節性インフルエンザ »

[22 3月 2011 | コメントは受け付けていません。 | ]

国立感染症研究所は3/18、全国約5000医療機関を対象にした定点調査の結果、3/7~3/13に新たに医療機関を受診したインフルエンザ患者は1医療機関当16.81人(前週13.85人)で、6週ぶりに増加したと発表した。この1週間に受診した患者数は推計68万人で、東日本大震災で被害を受けた岩手県の一部(3保健所)と宮城県、福島県からは報告が無かったにも関わらず前週を上回った。都道府県別では、山口県(43.96)がトップ。以下大分県(37.67)、愛知県(35.64)、三重県(30.96)、岐阜県(29.98)の順だった。宮城県、福島県を除く45都道府県中40都道府県で定点当たり報告数の増加が認められた。

季節性インフルエンザ, 新型インフルエンザ 注目情報 »

[22 3月 2011 | コメントは受け付けていません。 | ]

厚生労働省の感染症部会は3/18、2009年に発生した新型インフルエンザについて、感染症法上の「新型インフルエンザ等感染症」と認められなくなったとして、来年度から通常の季節性インフルエンザと同様の扱いにすることで合意した。
今シーズンの流行規模や期間が、従来の季節性と同程度だったことなどから「新型」から外す事とした。これを受け厚労省は、来年度から名称を「インフルエンザ(H1N1)2009」とする方針。

その他 感染症 »

[18 3月 2011 | コメントは受け付けていません。 | ]

国立感染症研究所は、東日本大震災の被災地・非難所で注意すべき感染症として6種類を挙げ、症状・予防法等をホームページ上で概説している。
・急性下痢症 ・インフルエンザ ・急性呼吸器感染症(インフルエンザ以外):RSウィルスなど ・麻疹(他のワクチン予防可能疾患含む) ・破傷風(特に救助された被災者、救助者に関連して) ・創傷関連感染症
今後、集団生活での疲労、寒冷環境、衛生環境悪化などによる感染拡大が懸念されている。

季節性インフルエンザ »

[18 3月 2011 | コメントは受け付けていません。 | ]

福島県災害対策本部が3/18開かれ、佐藤雄平知事は避難所への対応として「健康面を最優先に取組んでほしい」と述べ、避難所生活を送る人達のインフルエンザ対策に万全を期すように指示した。