Home » Archive

Articles Archive for 12月 2010

季節性インフルエンザ »

[28 12月 2010 | コメントは受け付けていません。 | ]

今季のインフルエンザが流行入りを迎えた。作シーズンの流行は新型が主流だったが、今季は季節性と新型が混在した形で流行している。新型は妊婦や子供の重症化に注意が必要だったが、季節性は高齢者で重症化することが多い。厚生労働省は「今年はすべての年齢層で注意が必要」と呼びかけている。

新型インフルエンザ »

[28 12月 2010 | コメントは受け付けていません。 | ]

12月に入り、インフルエンザウィルスA香港型に代わり、新型の豚インフルエンザが急増している。国立感染症研究所によると、インフルエンザ患者が報告され始めた9~10月のウィルス検出状況は、A香港型が全体の7割で新型は約3割、11/29~12/5はA香港型52、新型26だったが、12/6~12は、新型89、A香港型43と逆転。12/13~19は新型70で、A香港型24だった。感染症研究所によると、ウィルス変異は確認されておらず、急増の理由はわかっていない。

季節性インフルエンザ »

[24 12月 2010 | コメントは受け付けていません。 | ]

国立感染症研究所は12/24、全国約5000医療機関を対象にした定点調査の結果、12/13~12/19に新たに医療機関を受診したインフルエンザ患者は1医療機関当1.41人(前週0.93人)で、9週連続で増加したと発表した。1医療機関当りの報告が「流行の目安」となる1人を超えた為、全国的に流行が始まったと判断している。
都道府県別では、佐賀県の8.26がトップ。以下長崎県(7.36)、北海道(5.87)、大分県(2.55)の順となっている。
ウィルスのタイプはA香港型が最も多く、次いで昨年流行した新型、B型となっている。

その他 感染症 »

[21 12月 2010 | コメントは受け付けていません。 | ]

大阪府は23日、門真市と守口市を管轄する守口保健所管内の会社などで、結核の集団感染が発生したと発表した。従業員やその家族11人が感染し、うち6人が発病した。平成18年3月に同社の男性従業員が肺結核と診断され、守口保健所は同年6月から、男性の家族と同僚ら計26人の結核診断を実施したところ、今年6月までに11人の感染を確認。現在も3人が治療を継続している。

その他 感染症 »

[21 12月 2010 | コメントは受け付けていません。 | ]

龍ヶ崎済生会病院は21日、呼吸器内科病棟勤務の女性看護師が結核を発病し、家族や同僚看護師ら計25人に感染したと発表した。家族2人の発病と医師ら13人の感染を確認。いずれも重症には至らず、通院治療中という。
患者への感染は確認されていない。病院は「看護師は患者と接触する際、常時マスクしていたので、患者への感染は低い」としている。