Home » Archive

Articles Archive for 4月 2010

季節性インフルエンザ, 新型インフルエンザ »

[30 4月 2010 | コメントは受け付けていません。 | ]

国立感染症研究所は4/30日、全国約5000医療機関を対象にした定点調査の結果、
4/19~4/25に新たに医療機関を受診したインフルエンザ患者は1医療機関当り0.20人
(前週0.14人)で、2週連続で増加したと発表した。新型インフルエンザウィルスの検出は
減少しているが、季節性の割合は継続的に増加している。流行の指標となる「1.0」
を上回ったのは、前週に続き佐賀県(1.92)だけだった。

新型インフルエンザ »

[26 4月 2010 | コメントは受け付けていません。 | ]

日本小児アレルギー学会の調査で、新型インフルエンザを発症し入院した子どもで呼吸困難に
陥ったのは、ぜんそくの子どもは94.9%、持病が無い子どもでも76.4%だったことがわかった。
新型インフルエンザによる発熱から呼吸困難になるまでの平均時間は、ぜんそくの子が12.9時間、持病無しの子は17時間で、呼吸困難になった子の約9割は発熱から24時間以内に出現していた。

季節性インフルエンザ, 新型インフルエンザ »

[23 4月 2010 | コメントは受け付けていません。 | ]

国立感染症研究所は4/23日、全国約5000医療機関を対象にした定点調査の結果、
4/12~4/18に新たに医療機関を受診したインフルエンザ患者は1医療機関当り0.14人
(前週0.12人)で、12週ぶりに増加しと発表した。新型インフルエンザウィルスの検出は減少が
続いており、季節性の割合が更に増加している。流行の指標となる「1.0」を上回った
のは、佐賀県(1.51)だけだった。

季節性インフルエンザ, 新型インフルエンザ »

[16 4月 2010 | コメントは受け付けていません。 | ]

国立感染症研究所は4/16日、全国約5000医療機関を対象にした定点調査の結果、
4/5~4/11に新たに医療機関を受診したインフルエンザ患者は1医療機関当り0.12人
(前週0.17人)で11週続けて減少したと発表した。2月頃までは検出されるインフルエンザ
のウィルスはほとんど新型だったが、3月以降では、新型の割合が8割にまで減少し、
A型香港やB型の割合が増えている。

季節性インフルエンザ, 新型インフルエンザ »

[12 4月 2010 | コメントは受け付けていません。 | ]

国立感染症研究所は4/9日、全国約5000医療機関を対象にした定点調査の結果、
3/29~4/4に新たに医療機関を受診したインフルエンザ患者は1医療機関当り0.17人
(前週0.23人)で10週続けて減少したと発表した。流行の指標となる「1.0」を上回った
のは、佐賀県(2.23)のみであった。