Home » その他 感染症

被災3県の仮設住宅郡に診療所 厚労省

10 5月 2011 No Comment

厚生労働省は、東日本大震災に係る復旧支援で、岩手、宮城、福島の3県に建設する全仮設住宅郡に診療所を整備する方針を固めた。第1次補正予算で被災地への仮設診療所約30ヶ所の建設費として約10億円を計上している。避難生活の長期化で、避難所では体調を崩す高齢者が増加。仮設診療所では地域の診療所で請けられるような初期医療を提供、感染症の予防にも当たる。また施設はエックス線などの検査室も備えた本格的なものを計画している。

Comments are closed.