Home » その他 感染症

超多剤耐性結核菌 全国初の集団感染、佐賀県

18 4月 2011 No Comment

佐賀県は4/15、既存の治療薬がほとんど効かなくなる「超多剤耐性結核菌」(XDR)の集団感染を確認したと発表した。患者数は計10人で、県中部の医療機関などで今月末までに患者5人と未発症感染者5人を確認。内8人は同じ民間病院における院内感染。厚生労働省によると、XDRの集団感染は全国で初という。XDRは症状や感染力は通常の結核菌と同様だが、薬剤の選択が不適切だったり、服役を途中でやめたりすると出現する恐れがある。
治療薬が限られ、外科手術や長期入院も必要になるという。

Comments are closed.